音は言語である

  • 2019.02.15 Friday
  • 07:59
外国語が苦手で
昔、初めてネイティブの英語を聞いたとき
何度も言い直してもらったのですけど
聞き取れず
隣にいた友人に日本語にした英語の発音でやっと理解できたことがあります
そのくらい苦手です
音の感性の問題なんじゃないかと思うくらい

そういうコミュニケーションツールとしての言語は
人だけでなく
自然との対話でもあります
秋の虫の音を西洋のひとは雑音にしか聞こえないけど
日本人は風情と感じる

機械との会話も音が大きな要素を占めてます
昔のTVで旋盤職人さんのインタヴューで
内径を削るとき、中は見えないのに
いつ送りを止めるとか分かるんですか?という質問に
その職人さんは、最後の面にはC面があってここまで削ると
切削音がしなくなるから
と、実演してみせてくれました
そのインタビューアのひとは、「まったくわからない聞こえない」と
言ってましたけど、私には聞くことができました
自明のことだと思ってたけど
やはり、機械との会話をしてきたからなんだなあと
実感しました。

ある日本語ペラペラなyoutuber
が、本国に帰ったら、簡単な日本語もでてこないことがあると
嘆いていました
私も機械との対話をしてないので
聞こえなくなってるかもしれません
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM