シンギュラリティ

  • 2018.11.19 Monday
  • 17:48
レイ・カーツワイル博士が2045年にはコンピューターが人間の脳の処理速度を
超えるといっていますが
たしかに、速度はどんどん上がっていくでしょうけど
さて、それを可能にするには、何MWのエネルギーがいるのでしょう?
人間の脳は体に必要なエネルギーの20%を使うといいますから
2000kcalの20%として400kcal

400+4.2=1680j
うむ?何秒で割ればいいんだろう?

まあとりあえず細かいことはおいておいて
スーパーコンピュータの電力と比べて極小であることに間違いない
まだまだ乗り越える壁はもっと先のような気がします

しかし、計算は確実に速いし確実となれば
そのあと何がおこるでしょう?
機械にも自我が生まれるか?
その場合、人間をどう見るでしょう。
敵?味方?それとも必要悪?
自己保存の欲求が生まれたら、自身を壊すことができる唯一の存在の人間を敵とみるかもしれません
コンピュータと人間の戦いが生まれるかもしれない

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM